スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
とまと・くまもと・とまとも・とまと
新ブランド「とまもと」
(asahi.com:熊本)


(asahi.com:熊本)

熊本産のトマトに関しては以前もエントリーしていました。

八代とまと焼酎はちべえ
熊本トマトは日本一!!
ベッキー、熊本を食べる!~満天☆青空レストラン~

巨大ブランドとしてははちべえを引き入れた形での立ち上げなのかな!?

イメージキャラもいづれ3次元になるんでしょうね(^_^.)

うちは娘が相当のトマト好きなもんで、食卓に出ているミニトマトをもう一人で全部食べてしまうような勢い。

甘いトマトや塩トマトも嫌いではないけど、昔の青臭いトマトも私は好きだけどなぁ・・・。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本県情報へ




新ブランド「とまもと」

「日本一のトマト王国・熊本」を県内外にもっとアピールし、消費拡大につなげようと、農協や加工業者らが統一ブランド「とまもと」を立ち上げた。

7月中旬から、県内の百貨店やJR駅などで開発した商品の販売を始め、PRに力を入れていく考えだ。

「とまもと」は熊本とトマトをかけた造語。

24日には熊本市のホテルで商品発表と商談を兼ねた試食会があり、イメージキャラクターの「トマモちゃん」も紹介された。

ブランドを作るプロジェクトの中心になったのは、農業用資材や種苗を扱う興(こう)農園(熊本市植木町)。

田中穂積社長が今年2月から呼びかけ、八代などトマト産地を抱える複数の農協のほかに菓子メーカーや酒造、食品加工など約30社が賛同した。

これまでに開発された商品は、青果としての七色ミニトマト、ピューレやペーストなどを使った加工品としてのチーズケーキやリキュール、パン、菓子など20種類にのぼるという。

こうした商品には、ブランドを示すラベルを貼るなどしてイメージアップと売り込みの強化を図る。

県産トマトであれば現段階で使用に制約はなく、八代の「はちべえ」などすでにブランド化しているトマトとの提携も可能という。

試食会には、企業のほか市や県の行政関係者、市内の飲食店経営者ら約200人が参加。

色とりどりのトマトや試食品として出されたパスタや菓子、シャーベットなどを味わっていた。

プロジェクトの一員で、試食会にドライトマトを出品した吉良食品(大津町)の吉良慶彦・代表取締役は「表舞台に立てる良いチャンス」と意欲をみせた。

親子二代で飲食店を営む清永多恵さん(24)は「県外からの観光客に、今まで以上に熊本のおいしいものを出せるようになります」と、リキュールに関心を示していた。

(asahi.com:熊本)
スポンサーサイト

テーマ:熊本のこと - ジャンル:地域情報

[2011/05/26 11:08] | 熊本よかとこ! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<水俣ちゃんぽん | ホーム | 山に集まれ!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mizu8055.blog42.fc2.com/tb.php/140-944322d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。