スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
熊本愛!
Jリーグ13年度導入「クラブライセンス」経営改善待ったなし
(くまにちコム)

Jリーグも微妙なことやってますな、チーム数増やすだけ増やしてその後にライセンス制度をもってくるって・・(-_-;)

競争意識や本気の経営を望んでいるんだろうけど、な~んか上だけの論理で進んでいる気もする。

これからはクラブ力やチーム力ではなくて、熊本力がより必要になってくるのだろう。

それは『愛』がないとダメって事だね。

ぶっちゃけ言うとある程度の自己犠牲的なもんが必要って事だよね。

結局それが『愛』だよ、見返りを求めない。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログ ロアッソ熊本へ



Jリーグ13年度導入「クラブライセンス」経営改善待ったなし

Jリーグが各クラブの経営健全化などを目的に2013年度から導入する「クラブライセンス制度」。

財務、施設などの審査基準を設け、必須項目を達成できなかったクラブは、成績が良くてもJリーグで戦う資格(ライセンス)を失う。

低予算に悩むJ2ロアッソ熊本にとっては財務基準が高いハードルとなりそうで、待ったなしの経営改善を迫られている。

1月28日、ロアッソの練習試合会場にはクラブの特設ブースが登場。

年間の全ホーム戦を観戦できる「シーズンシート」や新ユニホームの購入をファンに呼び掛けた。

クラブがこれまで以上にチケット、グッズの販売に力を注ぐ背景には、クラブライセンス制度の存在がある。

同制度は、(1)競技場の収容人数(J1は1万5千人、J2は1万人)(2)下部組織への責任者の配置-など56項目の審査基準を設定。今年7月から始まる審査は競技場の収容人数など施設面が主体で、ロアッソはクリアできる見通し。

ただ、15年の審査から適用される財務基準では「14年度決算まで3期連続で純損失を計上」、または「14年度決算で債務超過」の場合、16年シーズンからJ1、J2に参加できなくなる。

Jリーグによると、10年度末時点でJ1、J2で10クラブが債務超過(純資産がマイナス)。

これらのクラブは14年度末までの3年間で黒字体質に転換し、債務超過を解消する必要がある。

ロアッソの債務超過額は11年度末で約4千万円あり、今後2年間の利益で穴埋めする方針。

中でも力を入れているのが入場料収入を下支えするシーズンシートの販売だ。

今季から公式サイトで目標(1500席)と販売状況の公表を始めたほか、ファンクラブ会員らへの電話勧誘も強化。

1月末時点で831席を販売し、昨季の実績(1004席)に迫る勢い。

運営会社アスリートクラブ熊本は「厳しい経営状況を理解して購入してくれる人も多い」と話す。

経営再建のため、クラブの今季支出は昨季より約7千万円カットして約6億3千万円とする計画。

チーム人件費も前年割れとなり、J1昇格を狙う上で「もう少し補強したかった」(池谷友良GM)のが実情だ。

今後の戦力強化のためにも、収入アップへの徹底した取り組みが求められている。

(くまにちコム)
スポンサーサイト

テーマ:ロアッソ熊本 - ジャンル:スポーツ

[2012/02/06 09:25] | ロアッソ熊本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<一時閉鎖 | ホーム | 33点だっけ!?(-_-;)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mizu8055.blog42.fc2.com/tb.php/227-f4764be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。